×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

pydmcconv

改訂履歴
改訂 0.05.1.201405242014/5/24

Python 3用に更新・GTK+ GUI版をPyGI向けに更新(それぞれ機能的には変更なし)

改訂 0.05.1.201002242010/2/24

最初の公開

概要

WAVE -> DMC変換ツールのPython移植版


GUI版スクリーンショット

[拡大画像]

1. pydmcconvについて

MMLファイルからNSFファイルへの変換を行うppmckにおいてサンプリングされた音声を用いるための変換ツールDMC(DPCM)コンバータをPythonに移植したものです。GTK+によるGUI版も作成しました。

2. システム要件

動作に必要なソフトウェア

  • Python 3.0以上

  • PyGObject 2.24以上のPyGIサポート(GUI版のみ・Debian/Ubuntuではpython3-giパッケージ)

  • GTK+ 3.0以上(GUI版のみ)

  • GTK+ 3のGObject Introspection用typelib(GUI版のみ・Debian/Ubuntuではgir1.2-gtk-3.0パッケージ)[1]

3. ダウンロード

それぞれ単独ソースで動作するため、各コードのページより直接ソースをコピペして保存し、実行属性を付けてください。

[注記]メモ

1行目の記述が#! /usr/bin/python3となっています。Python 3のインタプリタのパス名が/usr/bin/python3でない場合はこの部分を変更するか、Python 3のコマンドに引数としてスクリプトファイルの場所を指定して実行してください。

4. 使い方

CLI版はオリジナル版DMC(DPCM)コンバータとほとんど同じ使い方です。GUI版ではオプション指定の代わりにGUI部品により設定を行います。詳しくはドキュメントを参照してください。

5. ライセンス

オリジナル版DMC(DPCM)コンバータでは改変や配布に関して全く制限をしていないため、本移植版についても同様に扱い、CC0のもとで公開します。

このソフトウェアの使用によって発生するいかなる損害についても、作者は責任を負わないものとします。

6. ドキュメント

詳しい使い方などはドキュメントをご覧下さい。



[1] ファイルは/usr/lib/girepository-[バージョン]/Gtk-3.0.typelib/usr/lib/girepository-[バージョン]/Gdk-3.0.typelib