×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイトトップソフトウェア ≫ cpufreqd-icon

cpufreqd-icon

改訂履歴
改訂 1.9.912015/4/15
  • GTK+ 3.10以上向け,非推奨APIからの置き換え,チェックのメニュー項目に関する修正

改訂 1.9.902011/11/4
  • GTK+ 3向けバージョン,ソースの整理

改訂 1.9.22010/11/25
  • 内部的な動作(設定内容の処理)の修正,ソースの整理

  • make checkが動作しない問題の修正

改訂 1.9.12010/4/3
  • テストツールのGtkSourceView対応(設定ファイルの色付き表示)

  • 幾つかの細かい修正

改訂 1.9.02010/2/5
  • Vala言語とGIOライブラリを用いて書き直し

  • initスクリプトの制御と設定テストの機能を追加(gksu/gksudoなどを用いて管理者権限で動かす)

改訂 0.9.12009/8/6

コードの細かい修正

2009/6/23

Mandriva Linux 2009.0向けのRPMパッケージを追加

改訂 0.9.02009/5/11

最初の公開

概要

システムトレイに常駐してcpufreqdのプロファイルやモードを変更したりデーモンの制御を行ったりするツール


1. cpufreqd-iconについて

システムトレイに常駐し、cpufreqdのプロファイル一覧から手動でプロファイルを選択・切り替えを行うためのツールです。動的にプロファイルを変更するダイナミック・モードへの切り替えも行えます。バージョン2(1.9)系ではinitスクリプトの制御やダイナミック・モードの動作テストも行えます。

2. システム要件

動作に必要なソフトウェア/バージョン1.9.91-

  • Linux 2.6以上

  • cpufreqd 2.2.0以上

  • GLib 2.32以上

  • GTK+ 3.10以上

  • libnotify 0.7.6以上

  • gksu (デーモン制御とテストツール使用時のみ)

  • システムトレイをサポートしたパネルなど

動作に必要なソフトウェア/バージョン1.9.0-1.9.2

  • Linux 2.6以上

  • cpufreqd 2.2.0以上

  • GLib 2.22以上

  • GTK+ 2.16以上

  • libnotify 0.4.1以上

  • GtkSourceView 2.4以上 (テストツールでのみ使用)

  • gksu (デーモン制御とテストツール使用時のみ)

  • システムトレイをサポートしたパネルなど

ビルドに必要なソフトウェア/バージョン1.9.91-(開発パッケージ)

  • GLib 2.32以上[lib(64)glib2.0-devel,libglib2.0-devなどのパッケージ名]

  • GTK+ 3.10以上[gtk3-devel,libgtk-3-devなどのパッケージ名]

  • libnotify 0.7.6以上[lib(64)notify1-devel,libnotify-devなどのパッケージ名]

ビルドに必要なソフトウェア/バージョン1.9.90-(開発パッケージ)

  • GLib 2.22以上[lib(64)glib2.0-devel,libglib2.0-devなどのパッケージ名]

  • GTK+ 3.0以上[gtk3-devel,libgtk-3-devなどのパッケージ名]

  • libnotify 0.4.1以上[lib(64)notify1-devel,libnotify-devなどのパッケージ名]

  • GtkSourceView 3.2以上(テストツールでのみ使用)[gtksourceview3-devel,libgtksourceview-3.0-devなどのパッケージ名]

ビルドに必要なソフトウェア/バージョン1.9.0-1.9.2(開発パッケージ)

  • GLib 2.22以上[lib(64)glib2.0-devel,libglib2.0-devなどのパッケージ名]

  • GTK+ 2.16以上[lib(64)gtk2.0_0-devel,libgtk2.0-devなどのパッケージ名]

  • libnotify 0.4.1以上[lib(64)notify1-devel,libnotify-devなどのパッケージ名]

  • GtkSourceView 2.4以上(テストツールでのみ使用)[gtksourceview-devel,libgtksourceview2.0-devなどのパッケージ名]

[注意]注意

GtkSourceViewライブラリはconfigureスクリプトに--disable-cpufreqd-test-gtkオプションを付けてテストツールをビルドしない設定にした場合は不要です。

動作に必要なソフトウェア/バージョン1(0.9)系

  • Linux 2.6以上

  • cpufreqd 2.2.0以上

  • GLib 2.14以上

  • GTK+ 2.10以上

  • libnotify 0.4.1以上

  • システムトレイをサポートしたパネルなど

ビルドに必要なソフトウェア/バージョン1(0.9)系(開発パッケージ)

  • GLib 2.14以上[lib(64)glib2.0-devel,libglib2.0-devなどのパッケージ名]

  • GTK+ 2.10以上[lib(64)gtk2.0_0-devel,libgtk2.0-devなどのパッケージ名]

  • libnotify 0.4.1以上[lib(64)notify1-devel,libnotify-devなどのパッケージ名]

また、カーネルのcpufreq[1]の動作要件として

  • クロック周波数の動的な変更を行う省電力機能に対応していて、BIOS上でも有効になっている

  • CPUに対応したデバイスドライバがLinux(カーネル)に存在し、モジュールの場合は読み込まれている

という条件を満たしていることが必要となります。

cpufreqdに関しては、設定ファイル/etc/cpufreqd.confにおいて

  • 許可したグループのメンバがプロファイルを変更できるようにするための「enable_remote=1」指定が記述されている

  • 使用しているユーザアカウントが属するグループ名がremote_groupの値に記述されている

の条件を満たしている必要があります。

3. ダウンロード

4. インストール

Ubuntuでは上のパッケージをインストールすることができます。

他のディストリでは、配布されているファイルを展開し、中のディレクトリで以下のコマンドを実行することでインストールすることができます。

$ ./configure
$ make
$ sudo make install-strip

一般ユーザの権限でインストールする場合、configureスクリプトの実行時に--prefixオプションを用いてインストール先を指定することにより、書き込み権限のある場所にインストールすることができます。下の例ではホームディレクトリの下のusrというディレクトリ以下にインストールします。

$ ./configure --prefix=${HOME}/usr
$ make
$ make install-strip
[注意]注意

${HOME}/usr/などにインストールした場合、テストツールの色付き表示はされません。

バージョン0.9系でlibnotifyによるバルーン通知を使用したくない場合、configureスクリプトに--disable-libnotifyオプションを付けることにより、通知機能をビルド時に無効にすることができます。この場合はlibnotifyとその開発ファイルは必要ありません。

5. 使い方

スクリプトを実行するとシステムトレイにアイコンが表示され、そのメニューからcpufreqdのプロファイルを変更することができます。詳しくはドキュメントを参照してください。

6. ライセンス

cpufreqdにならって、本ソフトウェアのライセンスはGNU General Public License(GPL) バージョン2とします。

このソフトウェアの使用によって発生するいかなる損害についても、作者は責任を負わないものとします。

7. ドキュメント

詳しい使い方などはドキュメントをご覧下さい。



[1] CPUが持っている動的なクロック周波数や電圧(対応している場合)の変更機能を利用するための仕組み