×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

gtk-ttaenc

改訂履歴
改訂 2.0.12015/4/15
  • 符号なし整数の最大値の扱いを修正(GtkCellRendererSpinnerの動作関係)

改訂 2.0.02011/11/15
  • GTK+ 3を使用

  • 処理ファイルと結果の一覧をリスト(ツリービュー)表示

  • ディレクトリに対応(中のファイルを一括処理)

  • Python 3に対応(Python 3版のPyGObjectが必要)

改訂 1.0.02009/9/9

最初の公開

概要

ttaencのグラフィカルなフロントエンド (ドラッグ・アンド・ドロップで使用)


メインウィンドウ・処理中

1. gtk-ttaencについて

これは、音声可逆圧縮コーデックTTAによるエンコード/デコードを行うttaencコマンドをドラッグ・アンド・ドロップで使用するためのツールです。

別途、システム上にttaencコマンドがインストールされている必要があります。

2. システム要件

2.1. バージョン2系

  • ttaenc

  • Python 2.6以上(Python 3対応)

  • PyGObject 2.24以上

  • GTK+ 3.0以上

  • GTK+ 3のGObject Introspection用typelib[1]

ttaencコマンドは環境変数PATHに含まれるディレクトリ内に配置する必要がありますが、インストールせずに実行した場合は本プログラムのbinディレクトリに入れても利用できます。

2.2. バージョン1系

  • ttaenc

  • Python 2.4

  • PyGTK 2.6

ttaencコマンドは環境変数PATHに含まれるディレクトリ内に配置する必要がありますが、インストールせずに実行した場合は本プログラムのbinディレクトリに入れても利用できます。

3. ダウンロード

バージョン2系 (PyGI / GTK+ 3)

バージョン1系 (PyGTK / GTK+ 2)

4. インストール

UbuntuではPPAリポジトリからパッケージをインストールすることができます。

他のディストリでは、配布されているファイルを展開し、中のディレクトリで以下のコマンドを実行することでインストールすることができます。

$ sudo python setup.py install

4.1. インストールせずに使用する

本プログラムはシステムへインストールせずに使用することが可能です。exec.pyを実行することで起動できます。

ttaencがシステム(/usr/bin/など)にインストールされていない場合、ビルド済み実行ファイルttaencbinディレクトリに入れておくとこれを使用できます。

[gtk-ttaenc-x.x.x]-+-[bin]-+-gtk-ttaenc
                   |       +-ttaenc (ビルド済み実行ファイルをコピーする)
                   +-[gtk(_)ttaenc]- ...
                   +-[images]- ...
                   +-[po]- ...
                   +-COPYING
                  ...

5. 使い方

バージョン2系ではウィンドウ内(出力先ディレクトリの一覧部分を除く),バージョン1系では上部の.wavファイルをここにドロップの部分にNautilusなどのGUIファイルマネージャから.wavファイルのアイコンをドロップすることでttaencを呼び出し、指定ディレクトリにエンコード/デコード後のファイルを書き出します。ファイルは複数同時にドロップでき、1つずつ順番に処理されます。

バージョン1系でデコードを行う場合は上部のラジオボタンをデコードにしてから.ttaファイルをドロップします。バージョン2系ではttaencコマンドと同様に入力ファイルの種類から操作を自動判別します。

バージョン2系では、ディレクトリをドロップするとその中の子ディレクトリを含んだ全ての.wavファイルと.ttaファイルについて処理を行います。

6. ライセンス

このソフトウェアはGPLバージョン2もしくはそれよりも後のバージョンの下で利用可能です。

このソフトウェアの使用によって発生するいかなる損害についても、作者は責任を負わないものとします。

7. ドキュメント

詳しい使い方などはドキュメントをご覧下さい。



[1] ファイルは/usr/lib(64や32)/girepository-[バージョン]/Gtk-3.0.typelib・Debian/UbuntuではGTK+のライブラリとは別のgir1.2-gtk-3.0のようなパッケージで提供される