Python

[注意]注意

本セクション以下のスクリプトは基本的にバージョン3系を対象としており、バージョン2系までのみに対応する書き方は扱っていません。

2010年9月末時点では多くのGNU/Linuxディストリビューションにおいてバージョン3系はインストール可能ですが主に用いられているのはバージョン2系であり、各スクリプトの1行目を/usr/bin/python3のようなバージョン3系の実行ファイルの場所(ディストリによって異なる場合がある)に書き換えるかpython3 [スクリプトの場所]のようにして実行しないとバージョン2系が用いられる場合があるので注意が必要です。

スクリプトについては端末シェルからの実行を前提としているため、GUIファイルマネージャから直接実行しても結果が表示できない場合があります。GUIファイルマネージャから実行結果を表示したい場合は本館のGUIファイルマネージャから端末の中でPythonスクリプトを実行し、Enterキー入力で閉じるようにするを参照してください。