サイトトップまとめドキュメントコマンド圧縮 ≫ RPMパッケージの内容を展開

RPMパッケージの内容を展開

(詳細出力なし)
rpm2cpio [.rpmファイルの場所] | cpio -idm

(詳細出力あり)
rpm2cpio [.rpmファイルの場所] | cpio -idmv

rpm2cpiocpioを組み合わせると、cpio形式を経由してRPMパッケージの内容を現在の作業ディレクトリ以下に書き出すことができる。