×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サイトトップまとめドキュメントWineアプリケーション別 ≫ RPGツクール2000/2003作品

RPGツクール2000/2003作品

  • RTP(ランタイム)のインストール含め、基本的に動作は良好・2000作品は稀に突然落ちることがあった(2007-2008年/Gentoo/0.9.3x-1.0)がその後は作品によっては安定してきている(2010年/Mandriva/1.1.3x-1.1.4x)ように見える

  • 安定しているかどうかは作品依存?

  • MIDI出力先はMIDIマッパーによる・デバイスが1つならWineによる自動選択

  • メッセージフォントについてはRPGツクール2000/2003作品のフォントを参照

  • 2000作品でMP3ファイルを用いるものはWindows版DirectX(winetricksquartzもしくはdirectx9)を使用しないとうまく動かない場合がある・Wineの1.3.24とwinetricksの20110629版の時点ではdirectx9ではダメでquartzの指定が必要[14]・その後のバージョンでOLEエラーが出るようになった場合はquartzに加えてdevenumも入れる

  • 2000作品のMP3ファイルの再生はWindows版DirectXがあってもWineのバージョン1.1.38からの一部バージョンでは鳴らなくなっており(バージョン1.2含む)、バージョン1.3.8時点では再び鳴るようになっている

  • DirectDrawのレンダラにOpenGLを用いる(winetricksddr=opengl)と描画が若干軽くなるが、X Window Systemのグラフィックドライバによっては白く点滅するなど表示がおかしくなることがある(標準の設定なら正常に動作する)

  • GUI設定ツールwinecfgオーディオタブでDirectSoundのハードウェアアクセラレーションをエミュレーションにしないと効果音が正しく鳴らないことがある

  • フルスクリーン表示に問題がある場合でも320x240の仮想デスクトップで起動するとウィンドウで動かせる・640x480では重い(がCPU性能によっては快適に動作する)

  • GUI上で各種準備や作品ごとの起動を行うには記事リンクのQ4Wine

  • システムのGLibのバージョンが2.32系以上でMP3オーディオの再生に問題がある場合はDLLオーバーライドwinegstreamerを無効化することで改善される

表9 RPGツクール2000/2003作品の動作確認作品

作品名(/作品バージョン)RPGツクールバージョンWineバージョン詳細/備考
Nepheshel/2.03 2000(旧) 1.1.41
  • 開始からエンディングまで確認

  • 動作は安定しており、突然の異常終了は一度もない

イストワール(histoire)/2.03 2000(新) 1.4.1
  • 配布ファイルのLHA書庫(histoire203.lzh)はWine上の7-Zip File Managerで展開

  • はじめからで新規に中級者以上モードで開始し、最終ボス戦後のエンディングまでを確認・主人公一人

  • BGMは全曲MP3形式でMIDI形式のBGMはないので、MIDIファイル再生の対策は不要

  • MP3ファイルの再生については上記参照(quartzdevenumのインストールとwinegstreamerの無効化を行った状態で確認)

  • 上記条件のもとでは動作は安定しており、原因不明な異常終了はない

ゆめにっき/0.10 2003 1.1.22
  • 開始からエンディングまで確認

  • 動作は安定しており、突然の異常終了は一度もない

ABYSS ARISE FS 2003 1.1.22
  • 開始からエンディングまで確認

  • 動作は安定しており、突然の異常終了は一度もない


[注記]メモ

RPGツクール2000作品を起動する実行ファイルRPG_RT.exeには複数の種類があり、古いものは最初にASCIIのロゴが表示され、新しいものはenterbrainのロゴが表示される(こちらはMP3再生などの追加機能がある)。上の一覧では前者を,後者をとしている。



[14] ちなみにquartz指定では従来のdirectx9をインストールした場合よりも追加のディスク使用量が大幅に少なくなる