PulseAudio

PulseAudioについて

PulseAudioを参照。

PulseAudioのsource

  • PulseAudioの入力元

  • ライン入力やマイクといったサウンドカード入力が典型的な例

  • module-jack-sourceというモジュールが提供するsourcejack_inJACK Audio Connection KitのアプリケーションからPulseAudioへ音声を渡すのに用いられる

  • その他、入力元を提供するための幾つかの特殊なモジュールが存在する

PulseAudioのsink

  • PulseAudioの出力先

  • 各サウンドカードやHDMI音声への出力が典型的な例

  • module-jack-sinkというモジュールが提供するsinkjack_outJACK Audio Connection KitのアプリケーションへPulseAudioから音声を渡すのに用いられる[21]

  • その他、入力元を提供するための幾つかの特殊なモジュールが存在する

PulseAudioの設定ファイル

表29 PulseAudioの設定ファイル

設定対象ユーザ設定ファイルシステム設定ファイルmanページ
主にモジュール[一般ユーザの設定ディレクトリ]/default.pa/etc/pulse/default.padefault.pa
デーモン[一般ユーザの設定ディレクトリ]/daemon.conf/etc/pulse/daemon.confpulse-daemon.conf
クライアント[一般ユーザの設定ディレクトリ]/client.conf/etc/pulse/client.confpulse-client.conf

一般ユーザの設定ディレクトリについて

  • 古い設定ディレクトリ[ホームディレクトリ]/.pulse/はバージョン4.0時点では互換性のために使用可

  • 上記ディレクトリが存在しない場合は以下

    • 環境変数XDG_CONFIG_HOMEが未定義の場合は[ホームディレクトリ]/.config/pulse/

    • 環境変数XDG_CONFIG_HOMEが定義済みの場合は${XDG_CONFIG_HOME}/pulse/

[ヒント]ヒント

一般ユーザ向けの設定ファイルは自動的には作られず、システムの設定ファイルをコピーして配置して必要な部分を編集するなどする。



[21] JACK Audio Connection Kitと併用する際にはJACK Audio Connection Kitのデーモンがサウンドデバイスを使用する形になるため、PulseAudioから出力される音声はこのモジュール経由でJACK Audio Connection Kitからサウンドカードへ出力される