サイトトップまとめドキュメントディストリビューション固有の内容Debian/Ubuntu ≫ UbuntuでWineの最新バージョンを使用する

UbuntuでWineの最新バージョンを使用する

Ubuntu上でディストリのパッケージとして最新バージョンのWineがインストールできるようにするPPAリポジトリppa:ubuntu-wine/ppaが提供されている。

これを追加した上でwine[バージョン](例:wine1.5)のパッケージをインストールすることで、最新バージョンのWineが使用可能となる。

[注意]注意

新しいバージョンのWineのソースが公開されてからPPAリポジトリにパッケージが入るまでには数日かかる場合があり、その時間差も毎回異なる。また、Ubuntu向けに(PulseAudioを直接使用するための追加ドライバを含む)追加のパッチ集が適用されている関係で、本家Wineの同じバージョンにはない不具合が発生する場合が稀にある。

PPA版Wineのインストール手順 (Synaptic)

  1. メニューの設定-リポジトリを選択してダイアログを開く

  2. 他のソフトウェアタブで追加を押す

  3. ppa:ubuntu-wine/ppaと入力後ソースを追加を押す

  4. ダイアログを閉じる

  5. ツールバーの再読込などでパッケージ一覧を再読込

  6. wine[バージョン]のパッケージを検索・選択して適用(インストール)

例113 PPA版Wineのインストール手順 (コマンド)

$ sudo add-apt-repository ppa:ubuntu-wine/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install wine[バージョン]