Mandriva Linuxのパッケージ管理

Mandriva LinuxのパッケージはRPM形式で提供されるが、依存関係の解決やサーバからのパッケージ取得に関することなどの高レベルな管理にはurpmiという独自ツール[58]とそのGUI版となるrpmdrakeが用いられる。

rpmdrakeMandriva Linux コントロールセンターソフトウェアの管理もしくはデスクトップ環境のメニューにあるRPM をインストール/アンインストールから起動することができる。



[58] 他のディストリのaptyumに相当する働きをする