基本的なアクセス制御における対象

基本的なアクセス制御における対象

(広い意味での)UNIX系OSにおける標準的な機能として

  • 所有ユーザ: ファイルやディレクトリを所有するユーザ(作成したユーザが初期状態の所有ユーザとなる)

  • 所有グループ: ファイルやディレクトリを所有するグループで、作成したユーザのプライマリグループ/主グループ[29]

  • それ以外の全てのユーザ

の3種類に分かれる。

アクセス制御リスト(ACL)による対象

アクセス制御リスト(ACL:Access Control List)のサポートが有効なファイルシステム上では、専用のツールを用いることにより、個別のユーザやグループに対してアクセス権が設定できる。



[29] そのユーザのグループ権限となるグループ