×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HTML Help Workshop

HTML Help Workshopは以下の注意点を踏まえればWineで使うことができる。

  • インストーラHTMLHELP.EXEを実行するとThis computer already has a newer version of HTML Help.というダイアログが出るがC:\Program Files\HTML Help Workshop\以下にファイルは正常にインストールされる

  • GUIプログラムhhw.exemfc40.dllを要求するため、これを使用したい場合はwinetricksmfc40をインストールする

  • HTMLヘルプのコンパイル処理はWineのバージョン1.4-rc4時点では失敗するが、Windowsネイティブ版のitss.dllitircl.dllcabextractC:\Program Files\HTML Help Workshop\redist\hhupd.exeから取り出してC:\WINDOWS\system32\に入れ、DLLオーバーライドとDLL登録を行うことで回避できる

  • HTMLファイルのエンコーディングはCP932にする

例31 itss.dllとitircl.dllのDLLオーバーライドとDLL登録の設定を自動化するレジストリ例

[任意]ファイル名: htmlhelp.inf

[Version]
signature="$CHICAGO$"

[DefaultInstall]
AddReg=DllOverrides
RegisterDlls=RegisterDllsSection

[Strings]
DllOverrides="Software\Wine\DllOverrides"

[DllOverrides]
HKCU,%DllOverrides%,"itss",,"native"
HKCU,%DllOverrides%,"itircl",,"native"

[RegisterDllsSection]
11,,itss.dll,1
11,,itircl.dll,1

例32 itss.dllとitircl.dllのDLLオーバーライドとDLL登録の設定を自動化するレジストリ例の適用例

$ wine rundll32 setupapi.dll,InstallHinfSection DefaultInstall 128 [htmlhelp.infの場所]

関連セクション