.deb

  • DEBパッケージ(Debianパッケージ)形式のバイナリパッケージ(パッケージとして作成する処理がされたもの)をパッケージ単位で1つのファイルにまとめたもの

  • Debian系のディストリでパッケージ管理に用いられる

  • このバイナリパッケージはソースパッケージから作られるが、これは.dscファイルと幾つかのファイル群から成る

  • ファイル名の末尾が_all.debのバイナリパッケージはアーキテクチャ非依存のファイルのみで構成され、それ以外は末尾が_[Debian形式の対象アーキテクチャ名(i386,amd64など)].debの形式でアーキテクチャに依存するファイルのみで構成される

  • .debファイルを直接インストールするにはdpkgコマンドを用いるが、通常はパッケージの管理は依存関係の解決などの高度な機能を持つapt-getSynapticなどのAPTのツールで行う

  • dpkgコマンドの-xオプションを用いるとパッケージをシステムにインストールせずに中身のファイルを展開できる・GUIツールではFile Roller(アーカイブマネージャー)などで中身にアクセス可

  • lesspipeコマンドに.debファイルの場所を渡すとパッケージ情報とファイル一覧が参照可

[注記]メモ

以前はFile Roller(アーカイブマネージャー)で.debファイルを開くと

  • debian-binary

  • data.tar.gz

  • control.tar.gz

というファイル群が出てきてその中のdata.tar.gzを一旦展開後これを開く必要があったが、Ubuntu 12.10時点(バージョン3.6系)では.debファイルを開いただけで中身(usrなど)とパッケージ情報(DEBIAN以下)のファイルに直接アクセスできる。