cwebp

(不可逆圧縮・元画像から品質が劣化し元には戻らないがデータ量は減らせる)
cwebp -q [品質値(0-100)] [入力ファイルの場所] -o [出力ファイルの場所].webp

(可逆圧縮・元画像から品質が劣化しないがデータ量は不可逆圧縮より大きくなる)
cwebp -lossless [入力ファイルの場所] -o [出力ファイルの場所].webp

他の画像形式からWebP形式に変換するコマンドで、不可逆圧縮・可逆(ロスレス)圧縮ともに行える。