×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

cpufrequtils

cpufrequtilsはcpufreqに関する情報取得と手動動作状態変更を行うツール群。cpufreq-set --freqによりクロックを変更するとgovernorはユーザスペースモード(userspace)となり、governorを変更するまでクロックは自動的に変更されなくなる。

(情報取得)
$ cpufreq-info

(動作状態変更)
$ sudo cpufreq-set (--cpu [CPU番号]) --freq [クロック周波数]
$ sudo cpufreq-set (--cpu [CPU番号])--governor [governor名]
$ sudo cpufreq-set (--cpu [CPU番号])--min [最小クロック周波数] --max [最大クロック周波数]
[注記]メモ

クロック周波数は2.2GHz1GHz1800MHzのように単位を付けるか、kHz単位で記述する。

[注意]注意

マルチコア(CPU)環境では--cpu(-c)オプションを付けた場合にその番号のCPU(コア)に対して操作を行い、付けない場合には0番のCPU(コア)にのみ操作が行われる。

cpufreq-infoの出力結果例と解釈

cpufrequtils 005: cpufreq-info (C) Dominik Brodowski 2004-2006
Report errors and bugs to cpufreq@vger.kernel.org, please.
analyzing CPU 0:
  driver: powernow-k8
  CPUs which need to switch frequency at the same time: 0
  hardware limits: 1000 MHz - 2.20 GHz
  available frequency steps: 2.20 GHz, 2.00 GHz, 1.80 GHz, 1000 MHz
  available cpufreq governors: ondemand, conservative, powersave, userspace, performance
  current policy: frequency should be within 1000 MHz and 2.20 GHz.
                  The governor "conservative" may decide which speed to use
                  within this range.
  current CPU frequency is 1000 MHz.

表34 上の出力の解釈

項目状態/値
CPUドライバpowernow-k8
同時に周波数を切り替えなければならないCPUの数0
クロックのハードウェア的な制限1000MHz - 2.20GHz
利用可能な周波数段階2.20GHz/2.00GHz/1.80GHz/1000MHz
利用可能な動作モードondemand/conservative/powersave/userspace/performance
現在のポリシー変動可能な周波数範囲は1000MHz - 2.20GHz、動作モードはconservative
現在の周波数1000MHz