サイトトップまとめドキュメントWine ≫ コントロール パネル

コントロール パネル

Wineにも仮想Windows環境(Wine環境(prefix))内の設定変更などを行うためのコントロール パネルが存在する。

例21 Wine コントロール パネルの起動例

(標準のWine環境を用いる場合)
$ wine control

(任意のWine環境を指定する場合)
$ WINEPREFIX=[Wine環境の場所] wine control

ウィンドウ内の項目からそれぞれのダイアログが開く。

標準では(バージョンによるが)

  • プログラムの追加と削除

  • インターネット設定

  • ゲーム コントローラ

といった項目が用意されており、これ以外にもC:\WINDOWS\system32\以下にWindows向けの.cplファイルを配置すると一覧に追加され、実行することができる。

また、コントロールパネル項目のファイル名を用いて直接これを実行することもできる。

例22 .cplファイルの直接起動

(標準のWine環境を用いる場合)
$ wine control [名前].cpl

(任意のWine環境を指定する場合)
$ WINEPREFIX=[Wine環境の場所] wine control [名前].cpl