サイトトップまとめドキュメントドキュメント作成dblatex ≫ dblatexの設定ファイル例

dblatexの設定ファイル例

[注意]注意

下の例を正しく動かすためには[ホームディレクトリ]/.dblatex/sty/というディレクトリを作成してその中にエンコーディングをUTF-8に変換したjlisting.styを用意し、かつ、以下に貼り付けてある全てのファイルを配置しておく必要がある。

例89 dblatexの設定ファイル例

[任意]ファイル名: [ホームディレクトリ]/.dblatex/sty/japanese.sty エンコーディング: UTF-8

% -*- coding: utf-8 -*-

\NeedsTeXFormat{LaTeX2e}
\ProvidesPackage{japanese}[2010/05/05 DocBook Style for Japanese]

% docbook.styから派生したものにする
\RequirePackageWithOptions{docbook}

% 自動改行されない問題の対処
\XeTeXlinebreaklocale "ja"

% 別途用意したjlistingを用いてコード内の日本語表示を修正する
% .specsファイルのTexStyle指定で読み込む場合は
% UTF-8エンコーディングに変換したjlisting.styをこのディレクトリに配置し
% .specsファイルのTexInputsを
% このファイルとjlisting.styを含むディレクトリの絶対パスにすると便利
\usepackage{listings,jlisting}

[任意]ファイル名: [ホームディレクトリ]/.dblatex/xsl/xetex-font-ipafont.xsl エンコーディング: UTF-8

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<xsl:stylesheet xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform" version="1.0">
<!-- XeTeXバックエンドのフォント -->
<xsl:param name="xetex.font">
 <xsl:text>\setmainfont{IPAPGothic}
</xsl:text>
 <xsl:text>\setsansfont{IPAPMincho}
</xsl:text>
 <xsl:text>\setmonofont{IPAGothic}
</xsl:text>
</xsl:param>
</xsl:stylesheet>

[任意]ファイル名: [ホームディレクトリ]/.dblatex/japanese-xetex-ipafont.specs

TexStyle:  japanese
TexInputs: /home/[ユーザ名]/.dblatex/sty
XslParam:  xsl/xetex-font-ipafont.xsl
Options:   -b xetex

この設定を指定するには以下のように実行する。

$ dblatex -T japanese-xetex-ipafont [DocBook文書]