簡単な計算4

例70 簡単な計算を行う例

[任意]ファイル名: calc4.py エンコーディング: UTF-8

#! /usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

# 簡単な計算を行うテスト4

print ('計算のテスト #4')

# 「**」の左の値を右の数だけ繰り返し掛け算したもの
# この場合は2を10回掛けた値(2の10乗)を計算している
print ('2を10回掛ける(2 ** 10)と', 2 ** 10)

# 「//」で割ると小数(浮動小数点数/float型)にはならない
print ('10 // 2 =', 10 // 2)
print ('10 / 2 =', 10 / 2)

# int()に小数を入れると整数部分のみを用いる
# 小数部分が大きくても切り捨てられる
print ('20 / 7 =', 20 / 7)
print ('20 // 7 =', 20 // 7)
print ('int(20 / 7) =', int (20 / 7))

# 以下、変数に入れた値に対する操作のテスト
print ('a = 10')
a = 10
print ('a += 2')
# 「+=」は元の値に右の値を加える
# 1だけ足すときに「a++」と書くことはできない
a += 2
print ('aの値は', a)

print ('a -= 8')
# 「-=」は元の値から右の値を引く
a -= 8
print ('aの値は', a)

print ('a *= 4')
# 「*=」は元の値に右の値を掛ける
a *= 4
print ('aの値は', a)

print ('a **= 3')
# 「**=」は元の値を右の値の数だけ繰り返し掛ける
a **= 3
print ('aの値は', a)

print ('a /= 8')
# 「/=」は元の値を右の値で割る(「//=」で整数になる)
a /= 8
print ('aの値は', a)

print ('終わり')

実行例:

計算のテスト #4
2を10回掛ける(2 ** 10)と 1024
10 // 2 = 5
10 / 2 = 5.0
20 / 7 = 2.85714285714
20 // 7 = 2
int(20 / 7) = 2
a = 10
a += 2
aの値は 12
a -= 8
aの値は 4
a *= 4
aの値は 16
a **= 3
aの値は 4096
a /= 8
aの値は 512.0
終わり