×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

analyseplugin

analyseplugin [プラグインのファイル名]

指定したLADSPAプラグインの共有オブジェクトの情報を取得する。引数は共有オブジェクトのファイル名で、.soの部分は省略できる。

[ヒント]ヒント

環境変数LADSPA_PATHが設定されていると、その中のディレクトリ群が探索パスとして用いられる。

例155 analysepluginの出力例(一部)

Plugin Name: "Stereo reverb"
Plugin Label: "G2reverb"
Plugin Unique ID: 1950
Maker: "Fons Adriaensen <略>"
Copyright: "GPL"
Must Run Real-Time: Yes
Has activate() Function: Yes
Has deactivate() Function: Yes
Has run_adding() Function: No
Environment: Normal or Hard Real-Time
Ports:  "In L" input, audio
        "In R" input, audio
        "Out L" output, audio
        "Out R" output, audio
        "Room size" input, control, 10 to 150
        "Reverb time" input, control, 1 to 20
        "Input BW" input, control, 0 to 1
        "Damping" input, control, 0 to 1
        "Dry sound" input, control, -80 to 0
        "Reflections" input, control, -80 to 0
        "Reverb tail" input, control, -80 to 0

[注記]メモ

プラグインに用意されているポートはPortsで一覧が参照できる。その中のcontrolと書かれた項目はプラグインへ引数を渡す項目で、後ろに有効な範囲が書かれている。